電子書籍出版

【副業・複業】Amazon電子書籍による収入報告(2020年12月時点)

投稿日:

はじめに

私は、2016年12月末に転職のノウハウなどをまとめた電子書籍をAmazonで出版し、その後、いくつかの電子書籍を出版しています。

当初はそんなに読む人はいないだろうと考えていましたが、意外と読んでいただける人も多く、今ではAmazon電子書籍による副収入も私の複業の1つとなっています。

この記事では、電子書籍とはどのようなものかや、実際に私がどれくらいの収入を得ているかをお伝えしていきたいと思います。

電子書籍とは

電子書籍とは、簡単に言うとパソコンやタブレット、スマホ等で見ることのできる書籍です。

何となく専用の端末がなければ読むことができないような印象がありますが、アプリ等をインストールすることで、どんな端末でも見ることができる仕組みになっています。

まだまだ紙ベースの本が好きだという人もいると思いますが、電子書籍の利用者は徐々に増えてきており、今後はもっと増えていくと考えられています。

また、電子書籍の場合は、「1カ月読み放題プラン」のようなものもあるため、1カ月1,000円程度で、好きなだけ電子書籍を読めるというサービスもあるため、かなりの低単価でたくさんの本を読むこともできます。

なぜ電子書籍を出版したのか

電子書籍を出版した理由は、出版する際に費用はかからず、本が売れたときに一定の手数料を支払うという仕組みになっていて、リスクゼロで出版することができたからです。

また、紙の本と異なり、自分が出したいと思ったときに、すぐに出すことができるというのも理由の1つです。

紙の本であれば、出版社の人に認められなければ本を出版することはできませんが、電子書籍であれば最低限のチェックはされますが、基本的には誰でも出版することができるようになっています。

私が電子書籍を出版しようと考えたときも、ブログにアップした記事のいくつかをまとめたものをそのまま電子書籍として出版する人もいたので、それを見て割と気軽に出版するんだなという印象をもち思い切って作ってみることにしました。

電子書籍はITに詳しくないと出版できないのか

まず、私自身はもともとそんなにITに詳しくない人ですが、実際に何冊も電子書籍を出版しているので、ネットや本などで電子書籍を出版する手順等を調べることができて、その手順どおりに対応ができる人であれば、誰でも出版することは可能です。

このため、基本的には文章が書ける人であれば、誰でも出版することができると言えると思います。

また、文字数についても、特に制限はないので、1万字以下で出版している人もいれば、10万字程度書いている人もいるなど、かなり自由度が高いです。

仮に、誰にも読まれなかったとしても、費用はかからないので、ほんとに軽い気持ちでチャレンジすることができます。

電子書籍の印税はどれくらいか

みなさんが一番気になっている印税についてですが、電子書籍の場合は最大で販売価格70%の印税を受けとることができます。

紙の本の印税については、最大でも10%程度と言われているので、電子書籍のほうが印税としてはかなり高いということになります。

もちろん、紙の書籍で出版できる場合は、かなりクオリティが高いものとなっているため売れる冊数としては多くなるかもしれませんが、電子書籍の場合は印税率が高いので、ちょっとでも売れると副業としてはそれなりに成立する場合もあると思っています。

電子書籍が販売できるサイト

電子書籍を販売できるサイトは、Amazon、楽天、グーグルなど様々なものがあります。

ただ、個人的にはダントツでAmazonが強い状況にあると思っているので、最初に電子書籍を出版するのであれば、Amazonで出版することを個人的にはオススメします。

また、Amazonであれば、「電子書籍読み放題」があり、この読み放題で読まれると1ページあたりだいたい0.5円~0.8円くらいもらえることになります。

「電子書籍読み放題」であれば、気軽に読んでくれる人もいるため、Amazonであれば収入が上がりやすい仕組みが整っています。

電子書籍を販売する際に参考にしたい資料

もし、電子書籍を販売したいのであれば、まずは実際にAmazonの電子書籍を読んでみたほうがよいです。

そのときに、「Amazonの電子書籍の出版・販売方法」を解説している電子書籍もたくさんあるので、これらの本を参考に見てみると一石二鳥だと思います。

文章の作り方だけでなく、表紙の作成方法なども解説してくれている本もたくさんあります。

例えば、以下のような書籍が販売されています。

Kindle電子書籍出版 完全攻略マニュアル: 毎月5万円以上の収入アップを実現させるKindle出版ノウハウを公開!
【進化版】電子書籍出版成功術: Kindle出版の深淵へ Kindle電子書籍出版
さるでもできるKindle電子出版: 40冊以上のKindle本を出版した筆者が、KDPアカウントの登録方法から、キンドルに最適なファイル作成まで、電子出版に必要な情報をすべて公開!
アマゾンkindle出版(電子書籍 出版)がなかなかできないあなたへ: たった1日でキンドル・電子書籍を出版する秘訣(解説動画あり)
Kindle本を2日で1冊書く技術: 忙しい人の電子書籍高速ライティング術
Kindle電子書籍出版ライティングバイブル: 電子書籍の書き方・作り方・稼ぐためのライティングに特化した1冊。
SEO対策は一切不要!Amazon書籍量産 紙本PODと電子書籍Kindleで月7万円稼ぐ!ブログ・アフィリエイトの地獄のような日々から脱却

また、「Amazonの電子書籍の出版・販売方法」についても、色々な本を読んでみたいという人であれば、「読み放題サービス」に申し込んでみるのもよいと思います。

Amazon電子書籍による収入報告

私がAmazonの電子書籍で得ている毎月の収入について報告していきます。

Amazonでは電子書籍の販売だけでなく、「読み放題サービス」により、読まれたページ数に応じた収入もあるので、電子書籍が売れたことによる収入の「販売印税」と読み放題サービスの中で読まれたことによる収入の「読み放題収入」がわかるように記載しています。

また、「読み放題収入」については、読まれたページ数も併せて記載しているので、1ページあたりの単価がいくらくらいになるかの参考にもなるとおもいます。

2020年の収入

日付 販売印税 読み放題印税 印税合計
既読ページ 既読印税
2020年1月 21,450 7,953 3,993 25,443
2020年2月 23,836 7,163 3,707 27,543
2020年3月 15,886 3,841 3,335 19,221
2020年4月 16,681 11,126 5,352 22,033
2020年5月 16,688 17,630 8,435 25,123
2020年6月 29,367 40,155 19,790 49,157
2020年7月 43,626 45,403 21,128 64,754
2020年8月 45,222 53,490 25,054 70,276
2020年9月 29,343 31,193 15,530 44,873
2020年10月 22,212 28,664 14,098 36,310
2020年11月 22,218 12,071 23,983 46,201
2020年12月 14,283 19,007 9,298 23,581
合計 300,812 277,696 153,703 454,515 

2019年の収入

日付 販売印税 読み放題 印税合計
既読ページ 既読印税
2019年1月 35,818 8,279 4,395 40,213
2019年2月 20,098 9,614 5,104 25,202
2019年3月 34,950 7,079 3,544 38,494
2019年4月 26,200 7,471 3,869 30,069
2019年5月 21,846 14,147 7,319 29,165
2019年6月 27,956 17,164 8,846 36,802
2019年7月 34,948 13,377 6,722 41,670
2019年8月 26,216 16,208 8,131 34,347
2019年9月 32,324 10,440 6,023 38,347
2019年10月 16,784 12,170 6,545 23,329
2019年11月 21,041 15,073 8,239 29,280
2019年12月 5,564 9,757 5,051 10,615
合計 303,745 140,779 73,788 377,533 

2018年の収入

日付 販売印税 読み放題 印税合計
既読ページ 既読印税
2018年1月 29,124 4,161 2,310 31,434
2018年2月 13,753 1,486 858 14,611
2018年3月 18,607 4,183 2,329 20,936
2018年4月 24,270 2,948 1,564 25,834
2018年5月 40,450 5,856 3,297 43,747
2018年6月 39,641 8,499 4,846 44,487
2018年7月 22,652 6,008 3,346 25,998
2018年8月 21,034 4,583 2,551 23,585
2018年9月 19,416 5,006 3,030 22,446
2018年10月 16,989 6,393 3,715 20,704
2018年11月 43,650 11,732 7,331 50,981
2018年12月 38,412 6,700 3,920 42,332
合計 327,998 67,555 39,097 367,095 

2017年の収入

日付 販売印税 読み放題 印税合計
既読ページ 既読印税
2017年1月 25,079 3,780 1,867 26,946
2017年2月 17,798 3,775 1,951 19,749
2017年3月 25,079 2,317 1,197 26,276
2017年4月 22,652 4,498 2,418 25,070
2017年5月 29,124 6,491 3,490 32,614
2017年6月 35,596 16,736 8,759 44,355
2017年7月 23,461 4,970 2,485 25,946
2017年8月 17,798 3,914 2,034 19,832
2017年9月 15,371 4,196 2,301 17,672
2017年10月 39,641 6,618 3,740 43,381
2017年11月 39,641 8,028 4,605 44,246
2017年12月 17,798 3,179 1,869 19,667
合計 309,038 193,782 109,413 345,754 

2016年の収入

日付 販売印税 読み放題 印税合計
既読ページ 既読印税
2016年1月 18,607 458 339 18,946
2016年2月 21,034 391 328 21,362
2016年3月 22,652 681 470 23,122
2016年4月 28,315 633 525 28,840
2016年5月 38,832 300 247 39,079
2016年6月 51,776 1,069 925 52,701
2016年7月 38,023 719 608 38,631
2016年8月 22,652 6,246 3,169 25,821
2016年9月 43,686 4,688 2,376 46,062
2016年10月 42,877 4,046 2,059 44,936
2016年11月 34,787 6,343 3,215 38,002
2016年12月 21,034 3,754 1,854 22,888
合計 384,275 29,328 16,115 400,390 

まとめ

Amazon読み放題サービスが開始されたことにより、これまでのように本が売れなくても、読み放題サービスを利用している人がなんとなく読んでくれれば1ページごとに印税がもらえるようになっています。

このため以前よりも電子書籍は収入を上げやすい仕組みになっており、今後も読み放題サービスを利用する人は増えてくると思います。

ブログ運営の経験がある人はあまり苦労することなくチャレンジできると思うので、まだやったことのない人はぜひチャレンジしてみるとよいと思います。

-電子書籍出版

Copyright© サラリーマン兼キャリアコンサルタント兼投資家兼ブロガー兼電子書籍作家兼クラウドワーカーの経済の知識まるでなし男の副業・複業日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.