仮想通貨(ビットコイン)トラリピ FXリピート系自動売買

【約半年で利益率100%】仮想通貨(ビットコイン)トラリピのやり方と設定

更新日:

トラリピ好きはやらずにはいられない仮想通貨(ビットコイン)トラリピのやり方とその設定などについてご紹介いたします。

本当はこっそりとひとりで運用しようとも思ったのですが、我慢しきれずブログ記事にしちゃいました!

ちなみに私は30万円の資金をもとに2021年6月8日から開始し、4か月後の9月末時点で約23万円の利益となり、半年に換算すると利益率100%のペースとなっています。

もちろん設定により利益率やリスクは変わってきますが、私はこんな感じで運用していますよーというのものちほど紹介いたします。

ちなみに2021年10月以降は、ちょっと冒険をして100万円の資金を追加入金し、ロットを上げることによりさらに利益を上げられるような設定で運用を続けています。

仮想通貨(ビットコイン)はなぜトラリピに向いているのか

仮想通貨(ビットコイン)がトラリピに向いている理由は、みなさんのご想像通りではありますが、価格の乱高下が激しいからです。

トラリピの運用する通貨の前提としては、一定のレンジの範囲内でそれなりに価格の動きがあることが必要になりますが、価格の動きが強いという点では仮想通貨(ビットコイン)が一番なのではないかと思っています。

実際には、「ビットコイン/円」という仮想通貨FXでトラリピを行うことになりますが、基本的に現物のビットコインの価格と同じような感じで価格が動くので、価格の動きはかなり激しいです。

また、ここ最近は、ビットコインの価格が300万円~650万円の間で推移しており、トラリピを仕掛けやすい状況になっているというところもあると思います。

とりあえず現時点の運用状況報告(現時点の利益)

みなさんが一番気になっているのが現在の運用状況だと思いますので、とりあえず現時点の運用状況(現時点の利益)について報告します。6月~10月は30万円の入金に対してこの利益になるので、さすが仮想通貨(ビットコイン)という感じです。

確定利益 備考
2021年6月 54,386円 6月8日より開始
2021年7月 49,377円  
2021年8月 53,963円  
2021年9月 74,871円  
合計 232,597円  

仮想通貨(ビットコイン)トラリピを行う際のデメリットとその解決方法

仮想通貨(ビットコイン)トラリピを行う際はメリットばかりではなくデメリットもあるので、まずはデメリットを押さえておくとよいと思います。デメリットとしては、次の点が挙げられるかと思います。

①マイナススワップがついてしまう
②MT4を利用した取引になるのでVPS(仮想専用サーバー)の費用が毎月かかってしまう
③トラリピ用の自動売買EAを購入する必要がある(EA費用がかかってしまう)

ただ、①と②については、海外FX業者の「Exness(エクスネス)」を利用する場合は、このデメリットを解消することができます。

まず、①について、Exness(エクスネス)の場合は、「ビットコイン/円」や「ビットコイン/ドル」などの仮想通貨関連の通貨ペアについてはスワップフリー(買いも売りもスワップ0)となっているため、マイナススワップがつくことはありません。

このため、マイナススワップを意識することなく利用することができます。

次に②について、Exness(エクスネス)の場合は、1,000ドル以上(約10万円以上)の金額を入金すると、VPS(仮想専用サーバー)を無料で利用できるようになります。

トラリピを運用する場合は、たいていの場合は10万円以上の資金を使って運用することになるので、実質的な負担はほぼ0円になると思います。

③のトラリピ用の自動売買EAの購入については、残念ながら解決する方法がないため、この点は受け入れて購入する必要があります。

私自身は、「千刻」というEAを購入しており、費用としては20,000円となります。ただ、多くのEAが数万円から高いEAだと5~10万円する中で、そもそもEAの費用としては安いことや、1つの口座だけでなく、複数の口座で利用できるので、EAの中でもかなりお得な部類に入ります。

例えば、Exness(エクスネス)の場合は、仮想通貨だけでなく、「ゴールド/ドル」などもスワップフリーだったりするので、「千刻」を購入しておくと、これまでにチャレンジしたことのない通貨ペアにもチャレンジできたりします。

Exness(エクスネス)の仮想通貨(ビットコイン)トラリピの利益率が高い理由①

先ほど、仮想通貨(ビットコイン)は価格の動きが激しいので利益率も高くなるということを説明しましたが、Exness(エクスネス)だからこそ、利益率が高くなる理由があります。

それは、スワップフリー(スワップが買いも売りも0)ということもあり、気兼ねなく両建てができるからです。

通常であれば、買いか売りのどちらかはマイナススワップであったら、仮想通貨の場合は買いも売りもマイナスになることがほとんどですが、Exness(エクスネス)の場合は買いでも売りでもマイナススワップがつくことはないので、両建てがしやすいです。

例えば、ビットコインの場合は、テスラのイーロン・マスク氏がツイッターでビットコイン関連のことをつぶやいたりするだけで、急に価格が上がったり下がったりし、その後すぐに価格が戻ったりすることがあります。

このようなときに両建ての設定をしていると、買いでも売りでも一気に利益をとれるので、トラリピ好きとしては興奮が止まらない状況になります。

もちろん、長期的にビットコインの価格がどんどん上がっていくと思うのであれば「買い」のみを設定したり、長期的には下がっていくと思うのであれば「売り」のみで取引するのもよいと思います。

いずれにしてもスワップゼロというのはトラリピにとってはとても魅力的だと思います。

Exness(エクスネス)の仮想通貨(ビットコイン)トラリピの利益率が高い理由②

さらにもう1つ、Exness(エクスネス)の仮想通貨(ビットコイン)トラリピの利益率が高い理由があります。それは「土曜・日曜も取引ができること」です。

通常のFXの場合は、基本的に土曜・日曜は取引ができないことになっています。しかし、Exness(エクスネス)の仮想通貨FXの場合は、土曜・日曜も普通に取引ができることになっています。

つまり、月曜から日曜、24時間ほぼずっと取引ができるので、通常のトラリピよりも週に2日も多く取引ができます。

このため、長期的に見ると、通常のトラリピよりも利益の積み上がり方がかなり違ってくることになります。

特に仮想通貨の場合は、土曜や日曜に急に価格の乱高下が起こることもあるので、土曜・日曜に取引ができることは、仮想通貨(ビットコイン)トラリピにとっては非常に大きなメリットになります。

仮想通貨(ビットコイン/円)であってもトラリピなのでリスク管理は大切に

ここまで、Exness(エクスネス)で仮想通貨(ビットコイン)トラリピをやるメリットなどについてお伝えしてきましたが、続いて、Exness(エクスネス)で仮想通貨(ビットコイン)トラリピを行うにあたっての注意点もお伝えしていきたいと思います。

仮想通貨(ビットコイン/円)でトラリピをする場合であっても、トラリピはトラリピなので、自分自身ではしっかりとリスク管理をしておく(今の資金でどこまで耐えられるかを把握しておく)ことは大事になります。

これは、国内のFX業者であっても、海外のFX業者であっても、運用する通貨がドル/円であっても、ビットコイン/円であっても同じです。

利益率を高めようと思えばリスク(強制ロスカットになる確率)も高くなり、安全性を高めれば利益率は低くなるので、このあたりのバランスはご自身の許容度を踏まえながら、ご自身として納得できる設定を考えていく必要があります。

基本的には利益を求め過ぎて口座破綻することのないような設定にすることが大事になりますが、例えば、一気に利益を上げて当初の入金額は出金しておくなど、ご自身の納得した戦略・設定にしていただくとよいと思います。

私の仮想通貨(ビットコイン/円)トラリピの設定

次に、参考に私自身の仮想通貨(ビットコイン/円)トラリピの設定を紹介いたします。この設定自体が正解というわけでもありませんし、今後、この設定が破綻するということもありますので、あくまで参考としてご覧いただければと思います。

開始当初(2021年6月8日~2021年9月30日)

・利用FX会社:Exness(エクスネス)【ゼロ口座】
・利用EA:千刻
・入金額:300,000円
・設定範囲:ビットコイン/円が3,150,000円~6,000,000円
・設定幅:150,000円単位
・通貨量:0.01(1,000通貨)
・買いの設定本数:20本
・売りの設定本数:20本
・トレール:あり
・1回あたりの利益:1,500円
・だいたいのロスカットライン:
①3,000,000円~6,000,000円のすべてのポジションを持った状態で6,000,000円を超えたとき
②3,000,000円~6,000,000円のすべてのポジションを持った状態で3,000,000円を下回ったとき
※ただし、トラリピによる利益が積み重なってくると、以下のようにロスカットラインも余裕がでてきます(耐えられるようになってきます)。
・10万円の利益:①⇒上記設定で約6,500,000円まで、②⇒約2,500,000円
・20万円の利益:①⇒上記設定で約7,000,000円まで、②⇒約2,000,000円
・30万円の利益:①⇒上記設定で約7,500,000円まで、②⇒約1,500,000円

★設定イメージ★
<買い設定>
3,150,000円で買い、3,300,000円で決済(利益は1,500円)
3,300,000円で買い、3,450,000円で決済(利益は1,500円)


6,000,000円で買い、6,150,000円で決済(利益は1,500円)

<売り設定>
6,000,000円で売り、5,850,000円で決済(利益は1,500円)
5,850,000円で売り、5,700,000円で決済(利益は1,500円)


3,150,000円で売り、6,000,000円で決済(利益は1,500円)

設定変更(2021年10月1日~)

・利用FX会社:Exness(エクスネス)【ゼロ口座】
・利用EA:千刻
・入金額:300,000円+1,000,000円
※上記の他に10月1日時点で約23万円の利益あり(10月1日時点では口座に約153万円)
・設定範囲:ビットコイン/円が4,150,000円~7,000,000円
・設定幅:150,000円単位
・通貨量:0.03(3,000通貨)
・買いの設定本数:20本
・売りの設定本数:20本
・1回あたりの利益:4,500円
・トレール:あり
・だいたいのロスカットライン:
①4,150,000円~7,000,000円のすべてのポジションを0.03ロットで持った状態で8,000,000円を超えたとき
②4,150,000円~7,000,000円のすべてのポジションを0.03ロットで持った状態で3,000,000円を下回ったとき
※利益が積み重なるとロスカットラインも余裕が出てくる

仮想通貨(ビットコイン)トラリピの戦略【出金戦略編】

仮想通貨(ビットコイン)は価格の動きが激しく、トラリピによる利益が上がりやすい一方で、今後、どうなるかわからないという部分があると思います。もしかしたら10,000,000円になるかもしれませんし、もしかしたら0円になるかもしれません。

このため、できるだけ早い段階で、積みあがった利益から入金した額を出金しておくことも大事になると思います。入金した額を出金できていれば仮に口座破綻したとしても損失を0にすることができますからね。

仮に、30万円を入金して仮想通貨(ビットコイン)トラリピを行った場合は、

①利益は随時出金する(30万円出金できても随時利益は出金する)
②利益は随時出金する(30万円出金できたらその後の利益は運用に回す)
③随時出金はせずに利益が30万円になった段階で判断する
⇒含み損が少ない場合は一気に出金、含み損が多い場合はロスカット回避のために出金しない等
④出金はせずに当面は運用に回す(ロスカット回避のための資金としての活用や30万円の利益が積みあがった段階でロットを0.02にするなど)

などのパターンがあると思います。

それぞれメリット・デメリットがあると思いますので、運用する人のタイプに応じて検討すればよいと思います。

ちなみに私は、ややリスクをとる形になりますが、④をベースに、追加で100万円を入金したうえでロットを上げ(0.01⇒0.03)、1カ月あたりの利益を増やすような形にしています。

そして、どこかの時点で入金した130万円(当初の30万円+追加の100万円)を出金し、その後は1カ月の利益の半分を出金し、半分は運用に回すというような方向にしたいと思っています。

このように仮想通貨(ビットコイン)トラリピを行ううえでは、事前に出金に関する戦略も立てておくとよいと思います。

仮想通貨(ビットコイン)トラリピの戦略【入金額と設定編】

仮想通貨(ビットコイン)トラリピを行ううえでは、事前に入金額とトラリピ設定をどのようにするかについての戦略も練っておくとよいと思います。

これは、入金額や、トラップを仕掛ける幅・本数によって、口座破綻(強制ロスカット)となる可能性が大きく変わるからです。

私自身の設定は上記でご説明していますが、何があるかわからない仮想通貨(ビットコイン)の性質を踏まえるとやや攻めている設定でもあると思っています。

これは、私自身は本業の収入もありますし、他の投資での収入も一定程度見込めるので、ちょっと冒険しちゃってもよいかなと思える金額で運用をしているからです。

このため、ここではいくつかのパターンを示し、それぞれのロスカットラインもお示ししますので、もし、仮想通貨(ビットコイン)トラリピをする際は、ご自身に合った設定を考えていただければと思います。

ちなみにロスカットラインはかなりざっくりなので、超なんとなくのイメージ的な感じでお考えいただければと思います(設定は自己責任で!)。

入金額30万円・通貨量0.01(1,000通貨)を前提とした場合

前提条件は私の運用当初と同じになります。入金額や通貨量が同じであっても、色々な設定が考えられますので、1つの参考例としてご覧いただければと思います。

 

  仕掛ける
レンジ
トラップ値幅
(1回の利益)
トラップ本数 ロスカット
ライン
設定① 315万

600万
15万円単位
(1,500円)
買い:20本
売り:20本
上:600万円
下:310万円
設定② 320万

600万
20万円単位
(2,000円)
買い:15本
売り:15本
上:640万円
下:260万円
設定③ 300万

600万
25万円単位
(2,500円)
買い:13本
売り:13本
上:680万円
下:220万円
設定④ 360万

550万
10万円単位
(1,000円)
買い:20本
売り:20本
上:590万円
下:310万円
設定⑤ 510万

750万
15万円単位
(1,500円)
買い:17本
売り:17本
上:800万円
下:460万円

※ロスカットラインはだいたいの目安金額です(よい計算ツールがあれば教えてください!)。
※ロスカットラインはすべてのポジションを持った状態(例えば、買いのポジションを20本持った状態)で記載の額に達した場合となります。

入金額100万円・通貨量0.01(1,000通貨)を前提とした場合

入金額が変わってくるとまた違った設定が見えてきます。ここでは1,000通貨としていますが、2,000通貨にしても3,000通貨にしてもよいと思います。自分なりの設定を見つけていただければと思います。

  仕掛ける
レンジ
トラップ値幅
(1回の利益)
トラップ本数 ロスカット
ライン
設定① 305万

800万
15万円単位
(1,500円)
買い:34本
売り:34本
上:850万円
下:250万円
設定② 220万

800万
20万円単位
(2,000円)
買い:30本
売り:30本
上:840万円
下:180万円
設定③ 25万

700万
25万円単位
(2,500円)
買い:28本
売り:28本
上:710万円
下:10万円

※ロスカットラインはだいたいの目安金額です(よい計算ツールがあれば教えてください!)。
※ロスカットラインはすべてのポジションを持った状態(例えば、買いのポジションを20本持った状態)で記載の額に達した場合となります。

トラリピはほんとに色々なパターンの設定が可能になりますので、皆さんのお好きな設定を作っていただければと思います。

Exness(エクスネス)で仮想通貨(ビットコイン)トラリピを行う方法と手順

最後に、Exness(エクスネス)で仮想通貨(ビットコイン)トラリピを行う方法と手順を紹介します。

手順①:Exness(エクスネス)の口座を開設

以下のバナーをクリックしてください。


次の画面が出てきますので、右側にある「居住国」「メールアドレス」「任意のパスワード」を入力して「続行」をクリックしてください。
※「居住国」については、日本に住んでいる方は「JAPAN(日本)」となります。
※「任意のパスワード」は、英数字の小文字、大文字、数字の3種の文字を含む必要があります。文字数は8~15文字となります。

Exness(エクスネス)の設定画面

その後は、会員ページにログインをしたうえで個人情報の入力などを行っていきます。主な流れは次のとおりです。

・会員ページ右上にある「実際に取引する」をクリック
・メールアドレスの認証
・電話番号の登録
 ⇒090-1234-5678の場合は「+81 90 1234 5678」を入力
・お名前、生年月日、住所などをローマ字表記で入力
 ⇒住所は「201-1-1-1,Shinjuku,Shinjuku-ku,Tokyo-To,1600022,Japan」みたいな感じです。
・本人確認書類、住所確認書類の提出
・プロフィール登録

すべての入力や手続きが完了しましたら口座開設完了となります。

設定完了後、取引ができる口座が1つ設定されますが、この口座は口座のタイプや基本通貨などが自動で決まってしまっているので、自分用の取引口座を「追加口座」として新たに設定する必要があります。

流れとしては、ログインページの「マイアカウント」にある「新規口座開設」をクリックするだけで簡単に口座開設ができます。

口座のタイプは、「スタンダード口座」、「ロースプレッド口座」、「ゼロ口座」、「プロ口座」の4種類がありますが、正直、どれでもよいと思います。

私は「ゼロ口座」としていますが、手数料がかかることが気になる人であれば「スタンダード口座」でよいと思います。

もちろんご自身の好みの口座があれば「ロースプレッド口座」でも「プロ口座」でもよいと思います。

その他の設定としては、
・口座タイプ⇒本取引口座
・取引プラットフォーム⇒MT4
・最大レバレッジ⇒1:2000
・通貨⇒JPY-日本円
・口座ニックネーム⇒「仮想通貨トラリピ口座」など適当に
・口座パスワードの設定⇒英数字の小文字、大文字、数字の3種の文字を含んで8~15文字

こんな感じで口座開設を行うことができます。

手順②:Exness(エクスネス)に入金

入金はマイページから行うことができます。入金方法はいくつかありますが、私自身は「Bitwallet」が使いやすいのでオススメです。

VPS(仮想専用サーバー)を無料で利用した方は1,000ドル以上(約10万円以上)
入金するようにしましょう。

手順③:VPS(仮想専用サーバー)を無料で使うための手続き

Exness(エクスネス)では、1,000ドル以上(約10万円以上)入金すると、無料VPS(仮想専用サーバー)を利用することができます。

手続きとしてはサポートにメールするだけです。メールする際は、以下の内容を参考にしていただければと思います。

宛先:support@exness.com
メール例:
------------
ご担当者様

お世話になっております。
口座番号○○○○の○○と申します。

利用条件を満たしているようでしたら、
無料のVPSを利用させていただきたいと考えております。

お手数をおかけして申し訳ございませんが、
ご確認をよろしくお願いいたします。
------------

メールを送ると割とすぐに返信をいただけます。

手順④:トラリピ用自動売買EAの購入

MT4でトラリピを行うためにはトラリピ用の自動売買EAを購入する必要があります。

私自身は「千刻(20,000円)」というEAを購入し、利用していますが、どんなトラリピEAでもかまわないので、なんらかのトラリピEAを購入しましょう。

手順⑤:運用開始

①~④の準備が整いましたら、MT4にトラリピEAを設置して運用を開始します。

MT4でのトラリピの運用は、最初の設定が少し難しいように感じますが、一度設定をしてしまうと簡単に運用することができます。

また、これができると、海外FXを利用することで追証の心配なく運用することができますし、国内FXではできない通貨ペアでもトラリピができるようになるので、トラリピの夢も膨らむことになります。

もし、仮想通貨(ビットコイン)トラリピを始めるうえで何かお困りのことがありましたら、ツイッター(@経済の知識まるでなし男)などからご連絡いただければ、私のわかる範囲になってしまいますが運用開始のお手伝いをさせていただきます。

また、上記リンクからExness(エクスネス)の口座を開設いただけた方については、希望があれば、私の自動売買EA「千刻」の設定画面のキャプチャをお送りさせていただきます。

ぜひみなさんも一緒に仮想通貨(ビットコイン)トラリピでトラリピまくりましょうー

-仮想通貨(ビットコイン)トラリピ, FXリピート系自動売買

Copyright© サラリーマン兼キャリアコンサルタント兼投資家兼ブロガー兼電子書籍作家兼クラウドワーカーの経済の知識まるでなし男の副業・複業日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.