大人のカロリミットとカロリミットの違いを知っておく必要がある

大人のカロリミットとカロリミットの違いを知っておく必要がある

カロリミットと大人のカロリミットは全く違うもの?

 

大人のカロリミット カロリミット 違い

 

ファンケルさんが出しているカロリミットシリーズは大きくわけて「カロリミット」と「大人のカロリミット」2品があります。

 

カロリミットの方が若い女性をターゲットにしているイメージが強く、大人のカロリミットはより高年齢層の方に愛用されている印象が強いかもしれません。
CMやクチコミなどで当然イメージには差がつきますし、印象は独り歩きしますから、いつのまにか勘違いを生んでいることも。

 

本当は、大人のカロリミットとカロリミットには大きな違いがあります

 

その違いを理解した上で、どちらかあなたがぴったりなほうを飲んでもらえたらと思っているのです。
今回は大人のカロリミットとカロリミットの違いについてご紹介します。

 

カロリミットはいざという時の助け舟

 

はじめにカロリミットがファンケルから発売されました。

 

カロリミットは脂質と糖質の吸収を抑える効能がある、というところまでは実は大人のカロリミットと全く一緒です。
成分も、イミノシュガーやギムネマ酸、ファセオラミン、エピガロカテキンガレート、キトサンと全て大人のカロリミットと同じ主要成分です。

 

カロリミットを飲むと美味しいものでも気にせず食べられる、というのが最大の魅力で、臨床試験の結果からも飲んでいる場合と飲まない場合の余分な脂質の吸収率は大きな違いを生みます。

 

カロリミットが若い女性の味方といった印象が強いのは、甘いもの・脂っこいものはたくさん食べたいけれど痩せたい!という希望を叶える商品だからです。

 

摂取カロリーを減らし、消費カロリーを増やすという体の仕組みを作れば、同じだけの食品を摂取していたとしても体に無駄な脂肪はつきません

 

カロリミットを飲んでいると、健康的な食生活から時々贅沢をしてたくさん食べたい日があったとしても、そのプラスは体に響かなくなるのです。
これが、カロリミットが与えてくれる効能です。

 

カロリミットは1日4粒ですが、飲み方として推薦されているのは「カロリーが気になる食事の時に飲む」ということです。

 

もしも週に1回のスイーツ巡りが大好きな女性がいたとすれば、その日の食事前に飲むので週1回の摂取ということになります。
また、お付き合いで脂っこい食事を食べなければならない機会が週に3-4回あるという人ならばその数に応じて内容は増加します。

 

一方で、大人のカロリミットはカロリミットの後には開発された商品です。
大人のカロリミットには、先ほどカロリミットで説明した効能にブラックジンジャー由来のペンタメトキシフラボンがプラスαされています。

 

ペンタメトキシフラボンの大きな効能は、血流促進です。
これが、カロリミットと大人のカロリミットの大きな違いです。

 

具体的にどのような効能の違いを発揮するかというと、血流が良くなることによって冷え性やむくみの解消、胃腸の活性化などが起こり、新陳代謝の良い体になっていくのです。

 

新陳代謝は、人間が外部から得たものをエネルギーに変換することですが、20代を境に年々代謝エネルギー自体が下がっていきます。
非効率的にエネルギーを作るようになると、同じ量物を食べてもエネルギーに変換されずに残ってしまう量が増え、蓄積して脂肪になっていってしまいます。

 

大人のカロリミットを飲むことによって新陳代謝エネルギー自体が上がるため、若いころと同じポテンシャルで食物を有効活用することができるのです。

 

大人のカロリミットは毎日積み重ねるもの

 

大人のカロリミットは、カロリミット同様1日4粒飲みますが、毎日同じタイミングに継続して飲むことがキーポイントです。

 

体の代謝を上げる作用があるため、日々体に対して大人のカロリミットの成分を摂取させてあげることが大切になります。
1日4粒という決まった量で飲み続けるので、カロリミットと比較して継続した節約プランが立てやすいですね。

 

カロリミットと大人のカロリミットは、このように飲み方や効能に大きな違いがあります。
体に起こる結果は近いものがありますが、対象としているターゲットは違うことがわかると思います。

 

この違いを読んだうえで、自分にぴったりだと思うのはカロリミットですか、それとも大人のカロリミットですか?
名前に関わらず、自分の生活スタイルにあったほうを選ぶとより効果的なので、ぜひ検討してみてください。

 

▽▽カロリミットの口コミ、ユーザーの「生の声」を聞いてみてください
カロリミットの口コミが信用できないから「有料」で自腹調査してみた!

ホーム RSS購読 サイトマップ